課題の教科書

Critical Realism for All Leader

納得のいくメガネの選び方|店員との対話が実を結ぶための基礎知識

f:id:criticalrealism:20181225160341j:plain

こんにちは。ポエタです。

メガネは、店の人との対話を通して選ぶのが基本だと思います。

お店の人と円滑に対話し、納得して似合うメガネを選びたいものです。

店舗に行く前に、おさえておきたいメガネ選びの基礎知識と選び方のポイントなどをまとめました。

1 はじめに

メガネを普段使う人にとって、メガネは視力の矯正だけでなく、周囲への印象を左右する大切な装いです。それだけに、メガネ選びは考えるべきこと、悩むことが多いのではないでしょうか。

今回は納得のいくメガネ選びのための基礎知識と選び方のポイントを考えます。

スポンサーリンク

 

2 納得のいくメガネ選びの基礎知識

(1)フレーム

顔との相性

メガネのフレームには種類がたくさんあります。スクエアタイプ、オーバルタイプなど、

代表的なフレームのタイプが存在し、それぞれ見た目に与える印象が異なります。

なおかつ、フレームごとに似合う顔の形があります。その比較表が次の通りです。

f:id:criticalrealism:20181225161514p:plain
定番でいうと、丸顔の人はスクエアタイプ。三角顔の人はオーバルタイプ。四角顔の人もオーバルタイプ。面長の人はウェリントンタイプです。4つの定番を茶色で示しました。

定番の相性だと自分の趣味に合わない場合、それ以外にもとり合せの選択肢の幅があります(黒色部分)。

黒目の位置

 レンズの真ん中に黒目が来ると印象が整います。黒目が上にずれたり下にずれても違和感があります。黒目がレンズの内側だとより目、外側だと離れ目の印象になってしまいます。

(2)レンズ

  • 素材:プラスチック(割れにくい)/レンズ(傷がつきにくい)

最近はプラスチックが主流です。

  • 焦点:単焦点(近くだけ・遠くだけ)/多焦点(近くも遠くも)

単焦点は、近視・遠視・乱視などの矯正用です。多焦点は老眼に用いられます。

  • 球面:球面/非球面/両面非球面

球面はレンズが一定のカーブを描いている従来型のタイプ。非球面は、カーブをゆるくして、見え方の歪みが弱められ、レンズを薄くできます。両面非球面は非球面よりさらに薄いです。

(3)店(店員)

メガネ選びでは、信頼できる店員がいるかどうかはとても重要です。以下のような店員だと信頼できると思います。

<信頼できる店員>
  • 似合うメガネに精通している
  • 個人的な好き、嫌いだけで勧めない
  • 本人の眼の状態、年齢、仕事、価値観を踏まえた提案をする
  • 対話を通して適切なフレームの選択肢を絞り込む

店の品揃えのよしあしは、いくつかの店を訪ね歩けば、どの店が充実しているかわかるでしょう。

 

3 納得のいくメガネの選び方

(1)似合うフレームの特定

自分がどんなタイプの顔の形かは、案外わかりづらい場合もあると思います。メガネ店の店員とメガネ選びの相談をする中で確かめてみてはどうでしょうか。

どんなフレームが実際に似合うのかは、試着して試して見ましょう。来店する前は、「今度はこんなタイプのメガネがいい」と思いますが、自分の思い描くフレームの印象と、実際にメガネをかけたときの印象は、異なることが多いです。店員の客観的なアドバイスを参考にしましょう。

店員が紹介するセオリーを学び、自分のこり固まったイメージを矯正することも必要です。

(2)自分の求める要素を明確にもつ

来店していきなりどのフレームがよいか、店員が勧めてくることは、あまりないでしょう。むしろ自分側から積極的にニーズを伝えると、店員はチョイスを始めます。

店員のチョイスには、自分の思っていたイメージとは異なるフレームも含まれるかもしれません。そういうときも、がっかりせずに試着してみると、新たな視点で選ぶことができるかもしれません。自分のこり固まったイメージでは想定しなかった選択肢を試すことで、似合う実感を引き寄せるでしょう。

自分のニーズに伴走してくれる店員だと信頼できますね。こちらの思い込みや決めつけを穏やかに矯正してくれる商品知識やセンスを提供してくれると安心します。最終的に、「好き」と「似合う」のバランスのとれた選択をしたいものです。

(3)利用する店はできるだけ固定する

店は視力などの眼のデータを蓄積します。過去の履歴を熟知している店員に相談すると、サービスの質が高まる気がします。お互いに勝手がわかる間柄だと、メガネ選びの対話も円滑です。

よい店に巡り合えれば、次購入を検討するときに、店選びでは悩まないでしょう。店でメガネを選んでいるときに、ほかの店のことが気になったら、メガネ選びには集中できなくなります。安心して「この店!」と思える店を見つけておきたいものです。

 

4 留意点

(1)自分の好みと他人がもつ印象は異なる

何度か触れましたが、自分の「こういうフレームがよさそう」という思いつきは、必ずしも他人から見て似合うものとは限りません。よほど客観的な見方ができるようになれば別ですが、「好き」と「似合う」は微妙に異なります。

店員に自分のニーズを伝えつつ、店員のチョイスやアドバイスを通して、その都度「似合う」メガネの条件を学ぶプロセスが大切だと思います。

(2)最後は自分で決める

それでも、店員は「これが最適なフレームです」とは、断言しないでしょう。最後はやはり自分が決めることになります。ですが、対話を通して徐々に選択肢を絞り込むときに、どちらを選んでもあとで後悔しない絞り込み方ができる店員かどうかは重要です。

(3)商品ブランドは高度な選好

ブランドのかっこよさにひかれて、特定のブランドにこだわる気持ちが芽生えても、それは「好き」なのか「似合う」なのかはとても重要です。好きなブランドが似合う人は、かなり高度な選好眼を持つ人でしょう。ポエタ自身に、そういう高度な選好がないので、商品ブランドの選び方はここでは語りません。

(4)レンズは店員の説明をよく聴く

レンズは使いにくかったり、かけた時の違和感を感じたら、ストレスです。なので、慎重に選ぶ必要があります。度数や乱視への対応などはとても重要ですね。

オプションについて個人的な感想を言うと、特別な事情のない限り、世の中の標準的な装備を調えれば問題ないと思います。おそらく店員がその辺は説明してくれます。

あまりレンズ代金でオプションを奮発しても、コストパフォーマンスがよかった経験がほとんどありません。

スポンサーリンク

 

5 最後に

(1)メガネを決める

メガネのよしあしは、他人から見ると、ある意味どうでもよいことです。お世辞で気付いたことを言う人もいるかもしれませんが、ちょっと気に触ることは言いたくないものです。社会常識に反したメガネでない限り、問題ありません。

メガネ選びに正解はありません。メガネ選びは「決め事」の代名詞だと思います。自分の納得するメガネを選び、それを装着して世に出る。そういう心構えと行動をさっぱりできれば、決め事の意味がちょっぴり多めに実感できるのではないでしょうか。

世の中は決め事であふれています。決める時には逡巡しますが、決めれば済みます。他人はそれほど気にかけていない。気にしているのは自分だけかもしれません。今度のメガネ選びで少し勇気の出し方を再確認して見てはどうでしょうか。

(2)まとめ

  • 信頼できる店員と対話を重ねて選ぼう
  • 「好き」と「似合う」との間の距離感を計りながら選ぼう
  • 最後は決め事だよ

ポエタ

経営者ランキング

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク