課題の教科書

Critical Realism for All Leader

買わない暮らしでも買う判断をする時の3つのよりどころ

f:id:criticalrealism:20181211141202j:plain

こんにちは。ポエタです。

節約のために買わない。

それがそんなに簡単ではありません。

買わない暮らしには論理的で明確なポリシーが必要です。

裏を返せば、買う判断のよりどころをもつことと同じです。

買わない暮らしを実践してそれでも買う判断をする時の3つのよりどころを紹介します。

1 はじめに

買わない暮らしには、いくつもメリットがあります。買わないと節約になります。買わないと暮らしがシンプルになります。買わないと自分と向き合う時間が増えます。

しかし、買わないと決めても、どこかでは買う必要が出てきます。買うか買わないか。難しい選択です。

買わない暮らしを実践しても、なお買う時のよりどころをどう持てばよいか。今回はそれを考えます。

スポンサーリンク

 

2 買わない判断

(1)買う判断より買わない判断の方が多い

買わない判断それ自体は、そんなに難しいことではありません。店先を歩くと商品が目に入ります。たいていの店先は素通りしますよね。通りすがりの店先で買う判断をすることは実にまれです。

商品情報は巷に無限と言っていいほどにあふれています。その中で買う判断を下すことは、ごくわずかです。ですので、私たちは暮らしの中で、買う判断より買わない判断を圧倒的に多く下しています。

しかし、魅力的な商品を見つけて、ひとたびムショウに買いたくなると、買わない判断をするほうが難しい。こんな時、どう考えれば、買う買わないの判断を間違わずに済むでしょうか。

(2)買わないデメリットを自分に問う

一度、商品を欲しくなると、買った時のメリットで頭の中がいっぱいになります。商品には、何らかのメリットが、必ずといっていいほどあります。メリットだけで考えれば、買うしかない気がしてしまいます。

もちろん、メリットが豊富な商品でも、価格が高すぎればあきらめます。ここでの問題は、価格がそこそこの値段で、メリットがとても魅力的な場合です。

そんな問題を解決するには、まず、買った場合のメリットと買わなかった場合のデメリットを区別して認識する必要があります。(買う場合のデメリットではありませんヨ)

例えば、デパートの売り場に並んでいる宝飾品は、それを買わなかったとしても、そんなに苦労しません。買わないデメリットは少ない。しかし、買えば、「デザイン」「ステータス」「満足」などいろいろなメリットが手に入ります。

よく考えると、生活必需品を除けば、宝飾品のように、買うメリットより買わないデメリットの方が少ない商品がほとんどです。(生活必需品を買わない判断は、現実的ではないので問題からは除いて考えます。)

そこで、次のポリシーを自分に課します。

「買わないデメリットがない限り買わない」 

買わないデメリットは少ないですから、ポリシーにもとづけば、買う頻度はおのずと下がります。それが、買わない暮らしのコツです。

買うメリットだけで判断すると、買う判断に大きく傾きます。しかし、買わないデメリットを自分に問えば、めったなことでは買う気になりません。買わない意思決定は、買わないデメリットに注目することで、下すことができます。

(*ちなみに、買う場合のデメリットを考えると、買うメリットとの比較になって、解が出ないんです・・・)

(3)買わないデメリットは生活の質の劣化

買わないデメリットとは、「今買わないと暮らしの質が劣化することが明らかな場合」です。

例えば、タブレットに魅力を感じて買いたくなったとしましょう。メリットはたくさんあります。「PCより薄い、軽い、アプリが豊富等等・・・」。

ですが、買わないデメリットはどうでしょうか。全ての人に当てはまるわけではないと思いますが、タブレットがなくても、ノートPCとスマホがあれば、たいがいのことはできるので、たいして困りません。

タブレットを買ったら、それなりに便利でしょう。しかし、買わなかったからといって、すぐさま生活が劣化する(デメリットが生じる)わけではありません。

 

3 買わない暮らしでも買う判断の3つのよりどころ

このように、買わない暮らしのコツは、「買わないデメリットがない限り買わない」ことでした。

買わないデメリットは、生活の質の劣化に関わると言いました。具体的に言うと、持っている(持とうとしている)物が「劣化」「損壊」「社会インフラ化」することです。

この3つに当てはまると、買う判断に近づきます。つまりこの3つのどれかに該当すれば、買う判断のよりどころになります。

(1)劣化

持っている衣服が「ボロボロで人目が気になる」「汗模様が目立つ」となれば、買い換えないデメリットが明白です。その場合は買う判断のしどきでしょう。

(2)損壊

自宅のエアコンが壊れてしまった。これでは、猛暑を生き抜けるか心配です。すぐさま修理の可否を確かめ、修理でも直らないなら購入するでしょう。

(3)社会インフラ化

もはやインターネット接続は当たり前になりました。多くの企業や公的機関はネットでの手続きを標準化しています。こんな時代に、ネットの利用契約をしないと、生活の質は大きく下がるでしょう。社会インフラ化した物やサービスは買う判断をする方がよいでしょう。

スポンサーリンク

 

4 最後に

(1)余計なものは買わない

要するに、「余計なものは買わない」のが、買わない暮らしの課題です。余計なものなのかどうかの判断は、買わないデメリットを自分に問うことで、論理的で明確なものとなります。

買わない暮らしの課題は、生活の質を維持することです。暮らしのレベルを上げも下げもしない。余計なものを買わないと、今持っているものがありがたくなります。つまり「足るを知る」ことです。

(2)まとめ

  • 買わないデメリットがない限り買わない
  • 「劣化」「損壊」「社会インフラ化」が買う判断のよりどころ
  • 生活を維持し「足るを知る」

ポエタ

経営者ランキング

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク