課題の教科書

Critical Realism for All Leader

フェルメールの『地理学者』の解釈|秘密めいた作品の理由|暗箱を用いた効果

ヨハネス・フェルメール(1632ー1675)。十七世紀のオランダ、デルフト出身の画家である。画家として受けた教育の詳細は知られておらず、三十数点の作品しか残っていない。

フェルメールの絵画は、どこか秘密めいている。芸術が鑑賞者に問わしめるものだとすれば、フェルメールの絵画は芸術作品の典型と言える。取り上げられる題材は、オランダの日常的な風景である。鑑賞者は、画中の人に問いかけ、言葉を交わしたいという、ほのかな衝動にかられる。日常に神秘を潜ませた絵画は、どうして生まれたのだろうか。 

『地理学者』を、国内の展覧会で観たことがある。若き富裕の地理学者が、知的作業に取り組む静謐の中で、ひらめきを得る一瞬を描いた。フェルメールはこの作品を、さる有力者の依頼で制作したと推察されている。おそらく、依頼主の希望を尊重するために生じる実務的な制約の中で、表現の自由を最大限追求することが、この職業画家の切実な課題であっただろう。 

根気のいる作業の連続でしかない、変化に乏しい学究の現場を、画面いっぱいに展開するこの画家の構想は、窓から差し込む光の効果で、学者のみが知り得る内省事象を臨場感豊かに表現することに、成功している。フェルメールの絵画は、生活の一部を画題に取り込むのではなく、画題の一部に生活を写り込ませるのでもない。画題と生活が目一杯の量で釣り合いながら、ぴたりと重なり合っている。 

『地理学者』は、モデルを長時間、同じ姿勢で立たせて制作する方法はとっていないだろう。画中の人物は、長時間維持するのは困難な姿勢をとっている。その姿勢は、職業人が手慣れた作業を小気味よく進める間に一瞬だけ通過する姿である。フェルメールは、暗箱(カメラ・オプスキュラ)を制作に用いたであろうと言われている。おそらく、モデルを部屋の中に配置して一時的に姿勢をとらせ、暗箱を使って二次元の図像に複写し、後はそれを元に制作した。正確無比な構図は、この技術の活用から生まれているのだろう。 

フェルメールの他の作品においても、画中の人物は、長時間維持することが困難な一瞬の姿勢を保っていることが多い。そのことが、フェルメールの作品に生活感を溢れさせている。我々が、生活の中で決して記憶することのない瞬間が現前する時、秘密を目撃した時のような幻惑に襲われる。画題と生活の均衡を可能にしたのは、暗箱の技術であろう。写真は記録だが、絵画は意味を含む。鑑賞者は、フェルメールの絵画がほのめかす意味を問わずにはいない。 

フェルメールは、瞬間を画題とした画家である。この画家は、後世にわずかに残る作品の制作を通して、生活の中には、無限の瞬間と対応して無限の神秘が息づいていることを実感しただろう。フェルメールは、技術の応用可能性を意欲的に試し、芸術を成り立たせる技術の有り様を熟知した男であった。

スポンサーリンク