課題の教科書

Critical Realism for All Leader

今月の目標の達成状況|次の目標と今後の取り組みの考え方

だんだん、辛口が多くなってきました。果たして自分はポジティブなんだろうか。そういう疑問がないわけではありません。

せめてもの姿勢の持ち方として、表現は、「なければならない」、「なのか?」くらいの、口調にとどめましたが、読んで、「何〜!?」と思う方も、おられるかもしれません。その場合は、どうぞコメントしてください。 

そうは、言うものの、今の流れは、断ち切ろう。そう思った次第です。 

今月の目標は、30記事書くこと。今月は30日あるので、一日一記事書けば達成します。最初は、果たして、あんまりやる気のない自分に書けるのか?、と思っていたのが、正直なところです。あんまり腹は括っていなかったですね。 

ですが、へんに売りを意識せず、いっちょ、考えたことを、そのまま書こう、駄目になっても構わん、的な勢いで書き始めて、それはそれである程度、よいことだったように思います。よいと言う意味は、目標達成にドライブがかかると言う、単純な意味です。読者が、これを読んで、果たして何らかの価値を見つけてくれたかは、わかりません。ついでに言うと、出している広告の是非、これもわかりません。 

ただ、それなりに、どんな理由や背景があるかは別にして、読んでくれている人もいるようなので、一日二つ、三つの記事を書こうとするモチベーションには、不足しませんでした。 

書いていて思ったのは、同じテーマや人物でも、書くことはいくらでもある、ということです。切り口を変えたり、別のキーワードを拾ってみると、全く異なる言葉の群れが、引っ張り出されてきます。それで、いつの間にか千文字程度の記事にはなる。多分、書くことに事欠くことは、ないのではないか、と、そうポジティブにやっていきたいと思います。 

ところで、前回の記事を読んだ人は、そういうお前は、この現実の中のどこに、自分の立ち位置を置いて書いているのか?と聞きたくなるかもしれません。はい、それはまだわかっていません。それが、わかったら、私は本当に批評家として、固有のポジションを確立するのでしょう。私は、まだそこには到達していない。 

これからも、四苦八苦しながら、自分のリアリズムを追求し、諸現実の本質を浮き彫りにしたいと思います。 

実は、今回が、今月の目標達成を果たす記事になります。 

8月中に百記事突破が次の目標です。行き先は決めていません。今後どこへ向かうかは、わかりません。多分、その日考えたことを、書くでしょう。 

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。これからも、よろしくお願いします。

スポンサーリンク