課題の教科書

Critical Realism for All Leader

代表作『日本的霊性』を著した鈴木大拙|円覚寺に引き寄せられた日本近代の知性

鈴木大拙(1870ー1966)。日本の仏教学者。欧米に禅の思想を伝えた活動で知られる。代表作『日本的霊性』は有名である。

日本的霊性とは何か。私には、それを語ることはできない。その由来を歴史に求め、理解を書物に求め、承認を師に求めても、まさにこれだという納得を得ることはなかなか難しいだろう。日本的霊性とは、その誰か日本人が、地に足をつけて、生々しい触覚を通して、存在の源を吸い上げる時の直覚、あるいは存在の体験、それ自体を言うのではないか。その中身のかれこれを分析して、ありふれた言葉を広げて述べることに、時間を費やすことは避けたい。 

鈴木大拙は、明治時代の黎明期に生まれた。戦後昭和に至る人生は、先進欧米諸国にも注目される日本人として、一つのロールモデルであったと言えなくはない。大拙は、日本の仏教徒の世界における使命を考えたとされる。そういう大拙にとって、言語をもって霊性的自覚を述べることは、避けられない仕事だったろう。 

彼が生きた時代は、日本の近代化の時代と重なる。大拙によれば、日本的霊性とは、超個の人でまた個己の人である、そういうことが腑に落ちていれば十分だ、とわかっていればよいそうだ。デカルト式の西洋の自我論にとって、西洋哲学とは全く異なる脈絡の中で、自分という存在と向き合うことになるであろう、未知の扉が開いている。 

個が感情を持ち、問題を招来し、苦しむ。しかし、個というものは、ある。だから、個というものは、否定できない。だから、それを否定すれば幸福になれる、というものではない。そういう一種の諦観から始めなければならない。そして、そこからどこに向かっていくかが重要だろう。 

夏目漱石の『門』において、宗助は、日常の暮らしに思い悩み、禅寺の門をくぐった。しかし、宗助は、門を通る人ではなく、また門をくぐらないで済む人でもなかった。ただ、どうしようもない人であった。自我を出発点とした思想が、無尽蔵に生み出し続ける問題は、泥沼のように、人間の悩みあるいは迷いを広げていく。 

漱石の『門』で宗助が頼った禅寺は、円覚寺がモデルと言われる。漱石が参禅した円覚寺の老師には、大拙も参禅している。漱石は晩年「則天去私」を標榜するに至った。個は己(おのれ)ではあるが、単に己でなければならない必然性はない。人間を救うのは、哲学ではなく宗教であるとするなら、それは単に日本人にだけ当てはまる経験則、というわけではあるまい。 

大拙漱石も、言語を手段として、問題に取り組んだ。日本の近代化と向き合った知性が、必死に課題を見つけ出そうとする時のうなり声は、海の向こうにまで聞こえただろうか。

スポンサーリンク